🔰

トライアル開始に必要な準備・設定

image
💡

トライアルを実施いただき誠にありがとうございます。 1週間のトライアル期間でRISA導入効果を最大限実感いただく為に以下の設定をお願いします。 設定しなかった企業様と比較してアクティブ率が約30%向上しました!是非お試しください!

目次

RISAブラウザをデスクトップアプリ化する方法
スタートアップ登録について
これだけは抑えたい機能の紹介!

RISAブラウザをアプリ化する方法

💡

それでは、RISAアプリ化とスタートアップ登録をおこないます。

こちら日々ログインする手間を大幅に削減できますので必ず行ってください!

目次.

各ブラウザでアプリ化する

Google Chromeの場合

① ブラウザ右上にある【・・・】⇒ 【その他ツール】⇒ 【ショートカットを作成】の順にクリックしてください。

image

② 次に【ショートカットを作成しますか?】と表示されますので、【ウィンドウとして開く】にチェックし、【作成】をクリックしてください。

image

Microsoft Edgeの場合

① RISAの画面を開き、ブラウザ右上の【・・・】⇒ 【アプリ】⇒ 【このサイトをアプリとしてインストール】の順でクリックしてください。

image

【インストール】をクリックしてください。

image

③ Windowsのスタートアップに「CLOUD OFFICE RISA」が出来るので、こちらをデスクトップに張り付けてください。

image

スタートアップ登録について

💡

RISAをブラウザアプリ化設定後、PC起動時にRISAへ自動でログインする機能を紹介します! 「ブラウザを都度起動するのは面倒....」という人は是非、お試しください!

Windowsについて

① Windowsマークを右クリックし、【ファイ名を指定して実行】をクリックしてください。

② 以下の画面に「shell:startup」と入力し、【OK】をクリックしてください。

「shell:startup」こちらをコピー&ペーストしてください!

image

③ すると以下の画面が表示されます。このフォルダにデスクトップアイコンで保存したRISAアプリを貼り付けてください。

image

MacOSについて

💡

RISAをブラウザアプリ化設定後、PC起動時にRISAへ自動でログインする機能を紹介します! 「ブラウザを都度起動するのは面倒....」という人は是非、お試しください!

① Appleメニューの「システム環境設定」をクリックします。

image

② クリックすると「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、その中から「ユーザーとグループ」アイコンをクリックします。

image

③ 上部タブメニュー「ログイン項目」をクリックします。

image

④ クリックすると右カラムに現在自動的に起動するアプリ一覧が表示されています。アプリを追加する場合は下のほうにある「+」ボタンをクリックします。

image

⑤ 追加するアプリを選択し(ここでは「Safari」)、「追加」をクリックします。

image

⑥ 実際にアプリが自動起動するかどうかを確認するために、Macを「再起動」しましょう。

image